割安な株を見つける指標!?PER(Price Earning Ratio)とは?

割安な株を見つける指標!?PER(Price Earning Ratio)とは?

こんにちは、SackSack14(@SackSack14)です。

Advertisement

株で儲けるには安く買って、高く売るが鉄則ですよね。
個別株を購入しようと思ったとき、その銘柄の金額が安いのか高いのかよくわかんないですよねー(僕の知識不足だけかも・・・)
せっかくだから安くなっている時に買いたいのが本音。
今回は株が割安なのか割高なのかを調べることができるPER(Price Earning Ratio)のことを調べたのでまとめます。

PERとは、一株あたりが純利益の何倍の値段がついてるかを図る指標です。
企業の利益に対してその株が割安か割高かを決めます。

計算方法はこんな感じです。

PER = 株価 ÷ 1株あたりの純利益(EPS)

1株あたりの純利益(EPS)は「1年間の純利益÷発行済株式数」で算出できます。

例えば、株価が4,000円で1株あたりの利益が200円だとすると、PERは20倍。もし同じ株価で1株あたりの利益が400円だったとしたら、PERは10倍になります。

PERが20倍と10倍の銘柄の株があったときは、10倍のほうが割安の銘柄になります。

株投資カテゴリの最新記事