IPO(新規公開株)が公募が始まった!買えるまでの流れは?

IPO(新規公開株)が公募が始まった!買えるまでの流れは?

こんにちは、SackSack14(@SackSack14)です。

Advertisement

IPO(新規公開株)は儲かる!?そんな噂を聞いて、登録している証券会社のIPO情報を見ているとまさかの公募が!?
でもその後、買い付けまでの流れが全くわからなかったので、これを期にIPO売買までの流れを調べてみた。

まずはIPO(新規公開株)を取り扱っている証券会社は以下です。

登録している証券会社からIPOの公募の取り扱いメールが来ましたよ。。。
そこに記載されている内容はこんな感じ。

〇〇株式会社
△△ IPO 公募の
お取り扱いが
決定いたしました。
詳細はWEBを
ご覧ください。

〇〇は会社名。△△は取引所の名前が入ってました(例えば東証マザーズとか)。
IPOは儲かるって聞いていた僕は目を輝かせながら詳細情報を見ていました。

そこで書かれていたのは、ブックビルディング(需要申告)期間、募集・売出価格確定や抽選日などです。。。ここで僕は思いました。IPO株を買うとしたら値段はいくらかかるの!?ってことです。
Webには詳細な価格が書いてないので、ちょっと不安。買いたいけど初値が手に届く価格なの?なんて疑問が湧いて来ました。

IPO(新規公開株)の購入の仕方

まずはIPOの取引が始まるまでの流れを調べました。
僕が使っているのがマネックス証券なので、今回はマネックス証券でのやり方をご紹介します
※証券会社により順序が若干変わっている場合があります

STEP1.銘柄情報の確認 まずはIPOの情報と日程確認します。マネックスの場合は新規公開株の銘柄が追加されたらメールで知らせてくれます。
STEP2.残高の確認と入金 需要の申告といってブックビルディング※1の内容を決定します。証券会社の取引口座に申告に必要な金額以上の買付可能金額があることを確認します。不足がある場合はここで入金。
STEP3.ブックビルディングへの参加 ブックビルディング期間中に需要申告をします。申告する数量と価格を指定。この期間中は申込みの取り消しは可能みたい
STEP4.募集・売出価格などの確認 募集・売出価格等を、ウェブサイト上で確認。
STEP5.抽選結果の確認 ここでドキドキの抽選の結果がでます。
STEP6.購入の申込み 最後に購入の申し込み。

※1、ブックビルディングとは「私は株価を〇〇円で△△株を申し込みます」って感じで抽選への参加の意思表示を証券会社に伝えること

こう見ると結構手順ありますね。。。
ただ、絶対IPO株を手に入れたいので、頑張ってみましょう。

僕の場合、メールでIPO公募のお知らせは来たので、STEP2からの手順ですね。

仮条件提示

証券会社の管理画面でIPOの銘柄を確認すると、仮条件提示の項目があります。
仮条件提示とは機関投資家やの意見をもとに新規公開株の価格帯を設定されるみたいです。

ブックビルディング(需要申告)

IPOの仮条件が決まったら、ご自身で希望の株価と株数を申告します。
仮条件で金額の幅があるみたいです。例えばこんな感じ。

仮条件1,000円〜1,200円/購入単位 100株

人気のある銘柄は上限価格で決まることが多いみたいです。この場合だと1,200円。
ここで、IPO株を買う時に必要な金額がわかりそうですね!
公募価格より下回る価格で応募したら抽選対象外になるみたいです。。。気をつけないと。。。
そしてしっかりと申告した内容になるように買付け可能金額を確認しましょう。
これでSTEP3は終了。

STEP4で募集・売出価格等を、ウェブサイト上で確認してみましょう。需要株数合計が証券会社の販売株数が上回った場合は、抽選になるみたい。

ここまでくれば、あとは抽選を待つだけってことか。。。

株投資カテゴリの最新記事